【THE IDOLM@STER TACTICS 第1話】

     【アイドル】
      ──IDOL
      (1)偶像。崇拝される人や物。
      (2)人気者。
     【偶像】
      ──ぐうぞう
      (1)木・石・土などで作った像。特に、神や仏をかたどった像。
      (2)あこがれや尊敬・妄信などの対象となっている人や物事。

 かつて聖アジョラと12人の戦士は、世に放たれた魔神を倒し世界をすくったとされている。
 人々はその行為に歓喜し、畏怖と尊敬の念を持って彼らのことをこう呼ぶようになった『アイドル』と。


THE IDOL M@STER TACTICS


 
「また商隊が襲われて支援物資が奪われたって」
 魔法都市ガリランド国立アイドルプロダクション『765プロ』。
 かつてアイドルと呼ばれカリスマとなった聖アジョラにあやかって、軍の象徴、国民の意識統制、民衆扇動など様々な目的で次代のアイドルの育成が行われるようになった。
 しかし、ゾディアックブレイブ以降、彼らほどの突出した存在が生まれることはなく、その育成機関、管理機関として作られた数々のプロダクションもその数を減らしていった。
「うぅ、怖いよぉ」
「また例の、えっとなんって言ったっけ?」
「骸旅団?」
「そうそう、それ。その骸旅団の仕業なの?」
「だって話よ」
 50年戦争を終え、すでにまともに機能しているプロダクションは今現在この765プロだけになっていた。
「ねぇね千早ちゃん、わざわざ全員集めて何があるんだろうね?」
「はっきりとは言えないわね。でもだいたい想像はできるわ」
「え?何があるんですか?」
 765プロのミーティングルーム。と言ってもそれほど大きい部屋ではなく、今部屋内に6人の少女達がいるが、これですでに満員といった広さだ。
 少女達が口々に話をしていると、入り口のドアが開き1人の男、他に5人の少女を引き連れて入ってくる。
 と、言っても途中で入り切らなくなり、男はあわてて後ろからついてくる少女を止めて言った。
「すまん、ここじゃ無理そうだから外へ行こう」
 男は黒いフォーマルスーツに黒いサングラス、年の頃は20前後といった所で、平均的にな年齢からすれば少女達より年上ということになりそうだ。
 その後について部屋の中にいた少女達もぞろぞろと部屋から出て行く。
「プロデューサーさん、今日は何があるんですか?」
 左右にトレードマークのリボンをつけた少女が男の横まで進んで聞いてみる。さっきまで千早と呼ばれた少女と話していた内容を確かめるためだろう。
「ん、まぁついてからだ。そう焦るな」
 軽く焦らす感じで男は言い、階段を下り始める。
 王立という割りに、765プロは街の一部の建物を借り受けて運営されている。
 アイドルが民衆に広く認知され、国民の希望となることがそのあり方という思想から、プロダクションは基本的に王立という名を冠しながらも会社のような形態をとっていた。
 民間の傭兵事務所とでも言うのだろうか。軍に派遣されて戦闘に参加し、その費用を事務所が受け取る。もちろんそれ以外に国からの援助もされているため、厳密な意味ではやはり王立なのである。
 そんな事情からアイドル達が所属するプロダクションは城や特別な施設ではなく、街の中の建物を使っているのだ。
 しかしそこは王立。他の一般家屋とは違いそれなりの大きさ、訓練で使うための充実した設備、そして城や街全体の位置から考えた立地条件など、さまざまな長所がある。
 その中の一つ、広い中庭に到着すると、プロデューサーと呼ばれた男は目配せした少女達を整列させる。
「今日みんなに集まってもらったのは他でもない。もう知っている人も数人混じってると思うが、みんなのデビューが決まった」
「ほ、ホントですか!?」
 ひときわ大きな声を上げたのは先ほどプロデューサーに目的を聞いたリボンの少女だ。
 そのほかにもミーティングルームにいた6人のうち、5人は驚きの声をあげ、1人だけが納得という表情をとっている。
 プロデューサーに連れられてきた5人はすでに話を聞いていたのか、ニヤニヤと他のメンバーの反応を見ている。
「まぁ、落ち着け春香。今ちゃんと説明するから」
 プロデューサーに諭され、自分が役二人分ほど前に乗り出していたことに気付く。
「あ、す、すいません」
 ちょっと恥ずかしそうに後ろに下がる。それを確認し、プロデューサーが咳払い一つしてから話し始めた。
「みんなも知ってると思うが、最近骸旅団という組織が各地を荒らし回っている。騎士団をはじめラーグ公の近衛騎士団など多くの人員を動員して、この討伐作戦が行われることになった」
 骸旅団とはもともと50年戦争時に兵士不足のために募った義勇兵である。だが戦争が終わり、存在意義を失った彼らに待っていたのは、疲弊した国からなんの報償も受けられないとう酷い実情だった。
 彼らはこの事実から支配階級である貴族達に反旗を掲げ、圧政を敷く貴族や支配階級をターゲットとするテロ活動を行うようになったのだ。
「しかし、近衛騎士団まで動員するというこは城の警備まで手薄になってしまう。そこでここにいるアイドル候補生で城の護衛を行ってもらうことになった」
「え、それって」
「でででで、デビューってことですか?!」
 今度は一気にプロデューサーの眼前まで詰め寄る春香。
 首をしめんとするほどの勢いで詰め寄る彼女に、プロデューサーも思わず数歩後ずさってしまう。

Prologueへ   第1話後半へ

SSTOPへ

[PR]

# by pumpkin__head | 2001-01-01 23:58 | SS本文
【THE IDOLM@STER TACTICS 第1話】

「近い、近いよ春香」
「あわわわ、ご、ごめんなさい」
 またも顔を赤らめてすごすごと下がる姿に一同から笑いがあがる。
「1人ものすごい勢いであわててる奴がいるが、今日からは【候補生】からアイドルとしてみんなにはこの国の人々の希望になって欲しい。
 相手の主力は多くの騎士団が叩くが、その残党や、他の盗賊などの襲撃も考えられる。初めての任務でハードルが高いかもしれないが、みんななら大丈夫だ。自信をもって行こう。」
 プロデューサーの言葉に少女達はお互い顔を確かめ合い、力強く頷く者、あわあわと口を開けてあわてる者、楽しそうに笑う者、堅く拳を握り覚悟を決める者、それぞれにそれを受け止めていった。
「プロデューサー、私たちで城の警護をするのはいいんですが、11人で1部隊なんですか?」
 口々に初戦の話を始める少女達の中から眼鏡をかけた少女が前に出てきた。
 他より少し年齢が高いか、おそらくプロデューサーとも同じ程度か少ししたくらいだろう。眼鏡のせいか落ち着いた知的な印象を受ける。
「そうだそうだ、部隊編成について話すの忘れてた」
「ちょっと、しっかりしてくださいよプロデューサー」
「すまん律子。今から話すからちょっと待ってくれ」
 あわてて自分のポケットをまさぐり1枚の紙を見つける。あったあったとそれを広げてプロデューサーはまた、小さく一度咳払いをする。
「では部隊編成を発表するぞ。まずこの11人を2つの部隊に分ける。城の警護で分かれる場合なんかはこの部隊でそれぞれ動いてくれ。
 まず、実戦経験がある千早をリーダーとする千早部隊から」
「え、私がリーダーですか?」
 千早と呼ばれた少女は驚いたように口を開いた。部屋で春香と話していた少女だ。他少女と違いすでに鎧を身につけ、彼女だけは何度か見習いとして戦闘にも参加経験がある。
「なんだ、意外か?この中じゃ順当な選考だと思うんだけど」
「いえ、私は闘うことしかできないですからみんなをまとめることなんて…」
「そんなことないよ千早ちゃん」
「そうそう、千早お姉ちゃんの言うことならみんなちゃんと聞くと思うよ」
「うんうん、兄ちゃんに言うみたいに蔑んだ目で罵ってやればみんなついてくるっぽいよ」
「ちょ、誰がいつ蔑んだ目で罵ったりしたのよ!」
 千早の発言に場の空気が悪くなりかけたが、春香と、双子の少女の台詞によってまた笑いが起こる。その言葉に何かを感じたのか、千早も少し思案してから小さくうなずいて、
「わかりました。私でよろしければリーダーの大役、やらせていただきます」
 その言葉に満足そうにうなずき、途中で止まっていたメンバー発表を続ける。
「千早隊のメンバーは美希、律子、亜美、真美、あずささんの5人だ」
 呼ばれた5人が千早の元に移動する。
 美希は長い金髪に少し癖があるのかぴんぴんと外側にはねている。もう日も高いというのに隠そうともせずに大きなあくびをしている。
 律子は先ほど部隊のことを聞いた眼鏡の知的な少女、亜美と真美は場の空気を和ませた双子である。
 あずさは少女達の中で少し浮いているような感じがするほど落ち着いた雰囲気で、他のメンバーをほほえましく見守っているという感じがする。
「千早お姉ちゃんよろ~」
 亜美が口を開くとそれにあわせるように真美も口を開く。
「千早お姉ちゃん組ならもう明日はホームラン間違いなしっぽいよね」
 ほとんど意味がわからない発言だが、これがこの二人の持ち味なのだろう。
 天真爛漫というか、何事にも前向きで、ネガティブという言葉が二人の辞書にはないような気がする。
「このメンバーなら軍師ってところか、楽させてよね千早」
 メンバーを眺めて律子が目配せする。
 どちらかというと前線に出るタイプではない、と暗に言っているのだろう。ちゃっかりしているというか何というか。
「そうそう、美希も楽させてねー千早さん」
 律子に便乗するように発言する美希。眠そうなのは相変わらずだが、動いたせいか少し意識がはっきりしているようだ。
「あんたはちゃんと闘いなさい。いつもみたいにさぼってると痛い目に遭うわよ」
「え~、律子ばっかり楽なんてずるいの」
 ぶー、と口をふくらませる美希。その言葉に律子が眼鏡を少し直し目を細める。
「美希、なんだって?」
「だから律子………さん、ばっかりずるいって」
 途中で気付いたようで、はっと目を見開いて言い直す美希。
 満足そうにうなずいて律子が続ける。
「あくまで言葉のあやでしょうが。そもそもこのメンバーじゃあたしがしっかりしないと千早が苦労するのは目に見えてるしね」
「あらあら、律子ちゃんがいれば私は楽ができそうね」
「え、ちょっとあずささんまでー」
 最後に話に入ってきたあずさが何か全ておいしいところをもっていった形になった。
「おいおい、残りの部隊編成の話をしてもいいか?」
「って言っても部隊は2つなんだから残りは決まってるじゃないですか」
 指摘を受けてちょっとたじろぐが、自分の仕事だとプロデューサーも反論する。
「えぇい、とりあえずリーダーくらいは発表させろ。
 二組目のリーダーは春香だ」
「えええええええええええええええ!!!」
 三度の大声が青空に響く。
「わわわ、わたしなん───」
 何度も同じ光景を見るのかと思った一同の前で、春香は思いっきりつまずき、地面に顔面からつっこんでしまった。
 一瞬場がシーンと静まりかえる。
「大丈夫か春香?」
 落ち着いた感じでプロデューサーが手をさしのべる。なかなか豪快に転び、普通もっと心配しても良さそうなものだ。
 と言うか、普通かなり顔面がすごいことになっていそうな勢いだった。
「あははは、またやっちゃいました」
 起きあがった春香はまるで何事もなかったかのように照れ笑いを浮かべている。
「だだ、大丈夫?春香ちゃん?」
 ワンテンポ遅れて、唯一あわてた様子で1人の少女が駆け寄る。
「大丈夫よ雪歩、いつものことだから」
 雪歩と呼ばれた少女は春香の言葉を聞いて少し安心したようだが、それでもどこか少し脅えたような、おどおどしたような感じが抜けない。
「まったくリーダーなんだからしっかりしてくれよ春香」
 雪歩に続いてショートカットのボーイッシュな少女がやってくる。
「真ちゃん」
「雪歩も、いい加減春香の頑丈さはわかってるだろ?」
「で、でもぉ」
 プロデューサー同様、この真という少女も春香のこの様子に驚いたそぶりすら見せない。
 それだけよく知った仲なのか、むしろ春香がそれほどよく転ぶのだろうか。
「ちょっと伊織ちゃん落ち着いて」
「離してやよい、このだめ男にしっかり言い聞かせないといけないんだから!」
 春香の転倒の輪の外、いつの間に移動したのかプロデューサーが別の少女に今にも蹴飛ばされようかとしていた。
 その少女を後ろから羽交い締めしている少女の方が力が強いらしく、いつまでたっても足は宙を掻いているだけではあるのだが。
「なんで春香がリーダーなのよ!この伊織様にあれの部下になれって言うの?!」
「お、落ち着け伊織。別に明確な上下があるわけじゃないから、あくまで話をまとめたりする役だ、言うなれば面倒な役回りなんだぞ?」
「そ、そうだよ伊織ちゃん、リーダーになったらみんなの意見を聞いたり、まとめたり、ご飯の用意したり、掃除したり、洗濯したり、バーゲンで安いお肉を見つけておばさん達と闘ったりしなくちゃいけないんだよ?!」
 途中からリーダーとは到底関係ないだろうことまで含めながら、羽交い締めするやよいもプロデューサーに口裏を合わせる。
 一瞬で意図を悟ったらしい。なかなか頭が回るようだ。
「……それもそうね」
 その言葉がきいたか、伊織もようやく納得したように暴れるのをやめる。
「ま、そう言うことなら私がこき使ってあげるから、春香がんばってね」
 春香に満面の笑みを浮かべて伊織が言う。さっきまでとは真逆の態度だが、言っていることは相変わらず酷い。
 と言うのも彼女は貴族の娘であり、一般的に言えば平民出の春香とは本来こういう関係で当たり前なのだ。
「春香さん、よろしくお願いしますね」
 それに続いてやよいも春香に笑顔を向ける。
 伊織も本心からそう言っているわけではないのを知っているからか、春香もそれに笑顔で答える。
「さて、いろいろ話したいのもわかるが、出発は明日だ、全員準備を怠らないようにしてくれよ」
 未だにわいのわいのと騒ぎ続ける一同に、伊織の口撃から逃れたプロデューサーが声をかける。
 少し脱線し始めていた話の内容から、一同ももう一度気持ちを戻し、声を合わせて返事をした。
「ハイ!」

第1話前半へ

SSTOPへ

[PR]

# by pumpkin__head | 2001-01-01 23:57